andoo.jp / 新着情報 andoo.jp Journal
p モールトン AM-GT2007年03月26日(月) 
070326moultonc.jpg 645×500 95K↓つづき。
PowerToolsの大口径チェーンリング(62T)、フロント・ディレイラー(Campagnolo Record Carbon 10S)に。(フロント・ディレイラー用スペーサーは自作)
40kmほど慣らしました。今のところ快調です。

その他、以前の仕様はこちら
↑つづく。

p 少し運動します。2007年03月26日(月) 
070326moultonb.jpg 700×500 89K3月、冬の間ホコリを被っていたモールトンを再起動してます。(軟弱ですから冬は乗ってません。)
走り始めて今年の目標(ホノルル・・・)を思い出し・・・、目的に沿ってパーツの組替えなども。
少し気分が盛り上がって来ました。

まず手がけたのは、ホイールの交換。(チューブラーからクリンチャーに)
2年ほど使ってきた18インチのチューブラーリム(NISI)は走行感が軽く、平地を走ることに関しては最高でした。反面、タイヤ交換に手間がかかるのでツーリングには不向き。10年前に比べタイヤ素材が軽く丈夫になり、パンク修理が容易なクリンチャー(チューブとタイヤが別のタイプ)がロードタイヤの主流になったのはもっともな話。コンパクトに折り畳むことが出来るチューブは携帯性も良く、パンクしたチューブと交換して空気を入れるだけなので、通常のパンクならスムーズに走行を再会することが出来る。
さて、リム交換。今回は安上がりな ALEX A-Class FOLEX17R の完組ホイールを試してみることにしました。
これ走ってみると意外に(?)精度が高くて快適です。回転させると全くブレがありません。リム接合部も完全にフラットなので、ブレーキ時に不快な当たりムラもありません。適度なディープリムもカッコ良いです。不満な点はハブの外見が安っぽいことと、フリーハブのクリック音がイマイチな点。ハブの交換も考えましたが、前輪用が20穴なので適当なハブを見つける事が出来ず、完組のまま使ってます。
モールトンに使える17インチホイールの選択肢はとても少なく、購入時に付いていた「古い純正のリム」を組み替えるか、現在のモールトン純正に採用されているオーストラリアのリムメーカーVelocity(ヴェロシティー)製の「オフセット中空リム」か、「HEDのカーボンリム」、そして今回導入した「ALEX A-Class FOLEX17R 完組みホイール」の4つ(たぶん)。純正にするのは面白味に欠けるし、HEDのカーボンは高価な上に入手困難なので、自ずとALEXに。
タイヤはSCHWALBE STELVIO(シュワルベ ステルビオ) WO17×1 1/4 です。
以前の仕様はこちら。
↑つづく。

p 花見散歩。2007年03月26日(月) 
070326sakura.jpg 390×280 30Kお久しぶりです。
開花宣言から一週間、ようやく代々木公園の桜が華やぎ始めました。
やっぱり桜が咲くと春らしさが増します。
先週末からポツポツお花見をするグループは見ましたが、今日から一層多くの人が桜を楽しんでいます。
桜のある場所では、昼からアルコール臭の空気が漂うのもこの季節の風物詩。
ブルーシートが所狭しと敷き詰められ、大きなゴミ集積所が設置されます。

僕は、汚い場所と人目を避けて日課の散歩を花見にします。

p Alex Moulton Video2007年03月25日(日) 

モールトン・ニューシリーズの制作プロセスが記録されたビデオです。
by doo3
● ぽるこ (2008/12/28 23:21)
このビデオをダウンロードすることできますか?

● doo (2008/12/29 08:28)
出来ません。スミマセン




p www.andoo.jp 開きました。2007年02月06日(火) 
 またまた、すっかりご無沙汰してます。
冬らしくない日が続いていますが、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?
2月6日、今日は小春日和。地球の将来を考えると確実に悪い方向に向かっていると思いますが、反して、大変過ごしやすい気候でした。
 最近、このブログをご購読下さる方々と私事の都合を考慮しなければならない生活が続いています。(あまり深い意味はありません。仕事の話題を出しづらくなったということです。)
ブログの更新は無意識にガジェットネタと天候の話題に逃げるようになり(ガッジェットネタも自然観察も大好きですが・・・)、核心をつく日々の思いを吐き出す機会が無くなりつつあります。元来、かなりプライベートな内容で押しまくっていたこのサイトですが、すこし発信の意識を変えなければならない時期が来たみたいです。時々、会う人に「更新が無い。」とか「面白くなくなった。」などとお叱りの言葉も頂き、どうしたものかと考えていました。
・・・そうは言っても、積上げて来た実績を無駄にはしたくないので、このサイトの役割は基本的には変えたくない。
で、ひとつの方向性として、今回はプロダクトデザイン関係の導入口をひとつ増やして、サイト閲覧の目的を振り分けていくことにしました。自然な流れですが、ここは一つのカテゴリーに特化した方が伝えやすいと判断したからです。もともと仕事のフィールドがあやふやなこともあり、日を追うごとにサイトの内容が煩雑になって公開の目的が不明瞭になっていたとも気になってましたし・・・。また、そうすることでこの場を少しでも解放的な場所にすることも目的のひとつです。

前置きが長くなりましたが、要は新サイト公開のお知らせです。
公開したのは、フェルトユニットを中心に安藤健浩デザインの製品をまとめたサイト「 andoo.jp 」です。
今回はオールFlashです。イメージ優先で、かなり画像を背負わせているので、少々重たいですが、開くまでガマンして下さい。
運営直後なので、文字のレイアウトと判読に不都合があると思います。落ち着くには3ヶ月くらいかかると思います。
見にくい箇所にお気づきの方、ぜひご連絡下さい。出来るだけ迅速に修正します。
また、それに伴い本サイトも少しずつ内容を整理していく予定です。今後ともよろしく。

p ELLE DECO などに。2007年01月08日(月) 
070108elle.jpg 250×280 48Kすっかりごぶさたしております。
2007年はとっくに明けて、お正月気分もそこそこで終わり、すでに今日は成人式であります。
年明け早々から慌ただしく過ごしておりますが、あらためまして、本年もよろしくお願い致します。
で、早速ですが雑誌掲載他のお知らせです。
1) 既に2006年末に発売されている服飾誌「装苑」2月号130頁に東京デザイナーズウィーク出展デザイナーとして小さく取り上げられています。
2) 6日に発売されたインテリア誌「ELLE DECO」日本版2月号50頁にフェルトユニット(cuma)が紹介されました。
3) 来月には「デザインの現場」でもデザイナーとして紹介される予定です。
4) 来週から2月中旬までバレンタイン企画で「TOMORROWLAND」丸の内店、再来週からは渋谷店のディスプレイ絡みでフェルトユニットを展示する予定です。
改めて告知させて頂きますが、まずはご新年の報告まで。
by doo3
● フトシ (2007/01/22 10:18)
ご無沙汰しています。
サンパウロのフトシです。
今、日本にきています。
本日、ミツナシ邸にお世話になっています。
話をしていて懐かしく、ブログを検索しました。
活躍されているようで、
遅ればせながら、良い年を、今後とも宜しく。
フトシ

● ando (2007/01/23 13:25)
>フトシさま
帰省ですか?おひさしぶりです。
こちらこそ、本年も宜しくお願いします。
すっかりブラジルに居着いてますね。
日本よりアート事情は良いのでしょうか?
僕の方はデザインとアートの挟間でコツコツ動いてます。
機会があったらお会いしたいです。
サンパウロに比べて日本は寒い(?)ので体調を崩さないように気をつけて下さい。




p 期間限定 クリスマスギフトマーケット2006年12月13日(水) 
061212maindain.jpg 210×280 34K表参道ヒルズのクリスマスギフトマーケットが始まりました。
パッケージされたユニットフェルト(coma & cross)が6ピース(1,200円)からご購入頂けます。
シーズン限定色(赤)も加わりクリスマスらしい演出が可能になっています。
ショップ「main dain」のセレクトグッズとして高品質な商品と共に展示販売されています。
個性的なクリスマスプレゼントをお探しの方、是非ご来場下さい。

Brilliant Market/表参道ヒルズ
期間:2006年12月13日(水)- 12月25日(月)
時間:11:00 - 21:00
場所:表参道ヒルズ 本館B3F 多目的スペース [o:](オー)ショップ「main dain」

p Brilliant Market/表参道ヒルズ2006年12月04日(月) 
061205cross_sky.jpg 260×260 24K師走です。クリスマスです。
表参道ヒルズで行われるクリスマスギフトマーケット(Brilliant Market)にフエルトユニット(cuma & cross)が登場します。
この企画には10のショップがこだわりのアイテムを販売する期間限定のギフトマーケットが多目的スペース 「O(オー)」に登場します。眩い光の演出のなか、クリスマスならではの映像や、ギフトに添えるクラフトワーク体験、ライブもお楽しみいただけます。
フエルトユニット(cuma & cross)はセレクトショップmain dainの扱いで参加します。main dain(マインダイン)はシンプルでありながらデザインの優れているもの、品質が高く、長く使えるもの、人に優しく環境にも優しいもの、そんな商品をドイツを中心としたヨーロッパの国々から輸入販売しているショップです。
一部ショップディスプレイも担当しますので、ぜひご来場下さい。

Brilliant Market/表参道ヒルズ
期間:2006年12月13日(水)- 12月25日(月)
時間:11:00 - 21:00
場所:表参道ヒルズ 本館B3F 多目的スペース [o:](オー)

p IPEC 212006年11月22日(水) 
Aviland.jpg 277×280 22KIPEC 21(INTERIOR PRO EX CO)が始まりました。
今期100% DESIGN TOKYO でご好評頂いた、ユニットフェルトシリーズはパッケージの内容を検討し、この会場で正式に受注を開始します。
製造/発売元は丸新フェルト紡織株式会社(Aviland)で、IPEC 21へは同社からの出展になります。
同社の展示空間では今回発売開始するユニットフェルトシリーズを多用した空間づくりをする予定ですので、こちらもご注目下さい。
フェルトの小片はそれぞれ”cuma”(クマ)、”cross”(クロス)と命名し、お求めやすいパーツパッケージから完成品(特注を含む)までラインナップします。
小さなフェルトシートの断片は組合わせで面を形成することが可能で「間仕切り」「照明」「ラグ」「アクセサリー」等々、アイデア次第で様々に展開可能なフェルト・ユニットです。
今回はクリスマスに合わせて、スタンダードな「白」「黒」に加えて新色の「赤」が登場する予定ですので、こちらもご期待下さい。

フェルフュニットシリーズのご注文は丸新フェルト紡織(株)でお受けします。
まずは、IPEC 21での展示をご高覧頂きますようお願いいたします。
以下のサイトから事前登録して頂くと、入場料(1000円)が無料になります。
http://www.ipec21.jp/index.html

IPEC 21
期間:2006年11月22日(水)〜11月25日(土)
時間:10:00〜18:00(25日17:00終了)
場所:東京ビッグサイト(西ホール)
ブースNo. F-02/丸新フェルト紡織株式会社からの出展になります。

p 100% 終了2006年11月05日(日) 
061104cocob.jpg 364×500 114K好評のうちに100% DESIGN TOKYO 2006が終了しました。
ご来場頂いたみなさま、会場で声をかけて頂いたみなさま、ありがとうございました。
連日、多方面からのオファーを頂き、充実した展示期間を過ごすことが出来ました。
おかげさまで、ユニットフェルトシリーズは販売開始の目処が立ち、最終調整にはいることが出来そうです。
明日からパッケージの内容を検討し、11月22日から開催されるIPECの会場で受注を始めます。
今後は、このtakehiroando.comサイトと平行して、安藤健浩のプロダクトサイトandoo.jpを立ち上げて製品販売の告知をする予定ですので、ご期待下さい。
2006年冬、まだまだ展示企画が続きますので、ぜひチェックしてください。



▲ カテゴリ >> Art + Design + 建築 + + 自然 + 国際 + + + モノ + 展覧会 + + 舞台 + 映画 + 音楽 + Web + + ペット
+ Alex Moulton + Leica + M8 +自分 + 全て +
造形デザイナー安藤健浩の日々の雑感 / TADRoom Journal / CGI by nicky! /
© Copyright 2003-2010 andoo.jp. All rights reserved.