andoo.jp / 新着情報 andoo.jp Journal
p Soichi in Space 2005年08月09日(火) 
050809noguchi.jpg 423×280 27K7月26日、フロリダのケネディー宇宙センターを発ったスペースシャトル(ディスカバリー)が帰還した。機体の修理や幾度かの天候不順が理由で予定の8月7日から2日遅れだった。悪天候のため、ケネディー宇宙センターから変更されたカリフォルニア州のエドワーズ空軍基地滑走路に無事着陸。心配されていた大気圏突入時の障害は無事切り抜けた。課題は残されたものの、これでまた宇宙への期待は大きく膨らんだ。
乗務員7人が死亡したコロンビアの事故(2003年2月1日)から2年半、今回の計画でNASAは失敗が許されない状況だったので、大変慎重な判断を繰り返し行った。情報公開も頻繁に行われ、宇宙の様子は常にに中継されていた。もちろん公開されない分野の情報はたくさんあるはずだが、画像付きの記事は見る側としては大変興味深いものだった。心身ともに鍛えられた宇宙飛行士達が担うそれぞれの任務はよく解らないが、僕にとっては「2001年宇宙の旅」的なその映像から受ける感覚はまさに「夢」そのもの。さらに感動したのは、公開されている画像の解像度の高さ。NASAのウェブサイトからは毎日高解像度の画像が配信される。モニタに映された宇宙の映像は驚くほど鮮明で、そのクリアな無重力空間を見ているだけでドキドキしてしまう。それに日本人としてはやはり野口聡一さんの宇宙遊泳はなんとも言いがたい光景だった。初宇宙遊泳で野口さんの「What a view!」という言葉がとても印象的だった。僕は120本程のスキューバダイビング経験があるが、水中の風景や生物はもちろん、透明度が高い水中での「浮遊感覚」はダイビングで最も魅力的な部分。いくら命綱があっても宇宙空間に身を置くことは「恐怖」あるいは「快感」のどちらかではないかと思う。どこにも手や足を付けず宇宙空間に浮くことを想像するだけで鳥肌が立つ。出来ることなら是非一度体験してみたい、宇宙遊泳。たまには非日常的感覚を。
なぜか宇宙から帰ったスペースシャトルの姿はいつも不思議な物体に見える(大気圏を自力で飛ぶイメージが薄いから?)のは僕だけだろうか。
(ニュースで知りましたが、スペースシャトルは自力飛行出来ないそうです。やっぱり。)

以下、NASA(米航空宇宙局)ウェブサイトより。
STS-114 astronaut Soichi Noguchi waves from the Shuttle payload bay, backdropped by the Earth below. During the mission's second spacewalk, Noguchi and Discovery crewmate Steve Robinson replaced a failed gyroscope which keeps the International Space Station in the proper position in orbit.

Robinson will use the mission's third spacewalk on Wednesday to remove two gap fillers that are protruding from areas between heat-shielding tiles on Discovery's underbelly.

Image Credit: NASA

B0007Z9YAK2001年宇宙の旅
キア・デュリア、 アーサー・C・クラーク、 スタンリー・キューブリック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p TV x DVD2005年04月03日(日) 
grp0404110129.jpg 397×280 23Kこの時期のテレビは番組編成替えの合間で、どこのチャンネルを見ても特番ばかり。もともと特定の番組を規則的に見る習慣は無いので、空いた時間には情報番組を見るようにしているが、この週末は特に娯楽モノが多くてつまらない。それなら見なければいいのに何故かテレビのスイッチは"ON"のまま(これは習慣)。出演者が一番楽しんでいるんじゃないかと思えるバラエティーは見ていて気怠い気持ちになる。そんなときは大抵NHKの"BS-hi"で放送されるドキュメントや自然モノに逃げるが、ここもタイミングが悪い(?)と演歌公演を放映していたりする。(本当にテレビのスイッチを切れば良い。)
 妻が「ゴッドファーザー」(The God Father)を見始めた。この映画は好きな映画の1つなので何度も見ているが、毎回、見始めるとついのめり込んでしまう。Part1は175分。Part3まで見てしまうと545分(約9時間)を費やすことになる。以前、これを一気に見たこともあるが、途中で飽きることは無かった。それほどイイ映画なのである。
今夜はPart1に留めたが、それでも約3時間。「ながら鑑賞」は無理。なので、「本気観賞」。
>・・・また手が止まった。
※ローマ法王ヨハネ・パウロ二世、死去。今月のローマ行きを無事に過ごせるか心配。

ゴッドファーザーDVDコレクション
フランシス・フォード・コッポラ,  マーロン・ブランド,  アル・パチーノ

ビクターエンターテインメント/CIC・ビクタービデオ 2001-11-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p オペラ座の怪人2005年02月03日(木) 
050203fantom.jpg 394×280 35K映画、「オペラ座の怪人」を観た。超大作の評判どおり完成度が高い映画だった。
舞台では不可能な視点からオペラ座を描写し、映画ならではのドラマチックな空間を演出している。映像はもちろん、音楽、美術、演技のバランスが良いので、長時間(2時間30分くらい)のミュージカル映画を飽きずに観ることが出来た。
実は、だいぶ前にブロードウェイでミュージカル「オペラ座の怪人」を観た時、事前に情報を仕入れなかったので、舞台上の人間関係を追うのが精一杯でまったく楽しめず、しまいには寝てしまった経験がある。語学力が無い人は、おおまかな筋書きくらいは勉強してから劇場に行くのが常識。あやふやに理解していたストーリーも映画を観たことで確かになった。(脚本自体に舞台と映画の違いはあるが・・・)改めて、もう一度舞台を観たら楽しめるかも。
意外だったのは、封切り1週間足らずのなのに渋東シネタワーはガラガラ(平日夜だから?)。5割程度は空席があった。ひょっとして集客不調?
いずれにしても、この手の舞台美術と音楽が好きな人にはオススメの1作。
オペラ座の怪人パーフェクトガイド日経エンタテインメント!

日経BP社 2005-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p スパム警報2005年01月22日(土) 
grp0122204818.jpg 313×232 24K3日前くらいからウイルスメールが頻繁に送られてくるようになった。普段でも不要なメール着信は少なくないが、今回は数が多い。幸い、ほとんどのウイルスはMacOSには感染しない。最近ではメールサーバーでのウイルス削除サービスも頼りになるレベルになった。それほどウイルス自体を恐れる必要は無いが、ウイルス削除済みの元メールとメールサーバーからの報告メールがセットで1日に5〜6回。それも手持ちの複数アドレスにそれぞれ送られてくるので、必要なものと判別して削除するのは面倒な作業になる。ウイルスファイルが添付されたメール本文はほとんどが英語表記で、中には「Design」とか「Furniture」などのフレーズが入ったものもあり、うかつには捨てられない。解読もスラスラとはいかないので、時間がかかる。
ウェブサイトの運営をしていると管理者宛のメールアドレスにウイルスメールを含め、DMとしてのスパム(*1)メールが送られる頻度が格段に増すように感じる。これも判読が面倒で、メールの量と比例して強制的に英語の勉強をさせられている。メールソフトにも迷惑メール対策機能はあるが、ソフトが学習機能を発揮するほど同じアドレスからは送られてこないので、これはあまり有効ではないようだ。
結局は手作業で削除しているのが実情。まあ、僕などはましな方だと思うが。

(*1)スパム[SPAM]:別名、ジャンクメール(junk mail)、バルクメール(bulk mail)
 WWWやNetNewsなどを通じて手に入れたe-mailアドレスに向けて、営利目的のメールを無差別に大量配信すること。インターネットを利用したダイレクトメール。
インターネットではメール受信のための通信料は受信者の負担になるため、SPAMメールのように受信者の都合を考慮せず一方的に送られてくるこうしたメールは、極めて悪質な行為とされている。また、SPAM行為は同内容のメールを一度に大量に配信するため、インターネットの公共回線に負荷がかかる点も問題となっている。最近はiモード携帯電話など、インターネット接続機能を持つ携帯電話に対する迷惑メールもスパムと言われるようです。

※ そこで・・・豆知識。
「SPAM」とは、Hormel Foods 社の味付け豚肉の缶詰の商品名のこと。イギリスのコメディー番組「Monty Python's Flying Circus」(モンティ・パイソンの空飛ぶサーカス)の有名なコントに次のようなものがある。レストランに夫婦が入ってきてメニューを選んでいると、近くに座っているバイキングの一団が「SPAM、SPAM、SPAM!」と大声で歌いだす。次第に店員も「SPAM」を連呼しだし、最初は嫌がっていた夫婦も最後には屈してSPAMを注文せざるを得なくなる、という筋書き。ほしくもないのに大量に送りつけられてくる広告メールから、このコントでしつこく連呼される「SPAM」を連想したのが由来と言われている。
Hormel社は迷惑メールをSPAMと呼ぶことは許容しているようだが、社名や商品名に使うのは認めておらず、迷惑メール対策ソフトを開発していた「SpamArrest」社がHomel社に商標権侵害で訴えられるという事件も起きている。広告メールのほうは小文字で「spam」と書いて区別すべきという主張もあるが、一般にはこうした区別は定着していない。(IT用語辞典 e-words参照)
空飛ぶモンティ・パイソン VOL.4
モンティ・パイソン
ユニバーサルインターナショナル 2000-06-28
※ エピソード25 "SPAM" が収録されています。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
by doo3
● ando (2005/01/23 19:19)
スパムといえば、沖縄料理(?)でスパムロールというのがあります。SPAMを寿司風にアレンジしたものです。寿司と思わず、そういう料理だと思って食べると美味しいです。

Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p 山手通り、ガンガン工事中。2005年01月18日(火) 
grp0119150919.jpg 337×280 39K 「雑音」とは不必要な音、あるいは耳障りな音のこと。人間の感覚は不思議なもので、この「雑音」は慣れてしまえと聞こえなくなる(知覚しなくなる)。以前、芝浦の首都高沿いに建つワンルームマンションに住んだ事がある。昼夜を問わず聞こえる車の走行音は2重ガラスのおかげで相当静かにはなっていたが、気になり出すと眠れないほど耳障りな音だった。ところが数ヶ月経つとその「音」は聞こえなくなってしまう。逆に聞こうとしなければその音がしていることさえ忘れてしまう。あるときその部屋に父が泊まりに来て、車の走行音が気になって一睡も出来なかったことがある。その事で感じなくなっていた「雑音」の存在を思い出したほどだった。
 そして、現在住んでいる代々木5丁目は山手通り沿い。首都高速中央環状線(新宿線)の工事は平成18年度に完了する予定。自宅マンション前の山手通りでは大規模な掘削工事で地下道の建設を進めている。目に見える本格的な工事が始まって3年程たっているだろうか、当初の公示では平成17年度完成の計画だったように記憶している。先日進行状況を確認したら、いつの間に完成は18年度に変更されていた。最近は特に工事風景の変化が著しい。昨年から昼夜を通し、週末も休み無く工事は進められている。深夜から朝方にかけても工事の騒音はかなりのもので、騒音には慣れていてもその耳障りな音に目が覚めることもある。これは来年までの辛抱か、それとも慣れて聞こえなくなるか。完成すれば車の騒音は地下なので、それほど気にならないと思うが・・・。
置かれた環境によって知覚は変わる。爽やかな川のせせらぎや風の音も場合によっては「雑音」になるが・・・。今は不健康な環境かも。
MUSA -武士- チェ・スンジェ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-08-06
※今週見たDVD/話題とは関係ないですが・・・。
Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。





▲ カテゴリ >> Art + Design + 建築 + + 自然 + 国際 + + + モノ + 展覧会 + + 舞台 + 映画 + 音楽 + Web + + ペット
+ Alex Moulton + Leica + M8 +自分 + 全て +
造形デザイナー安藤健浩の日々の雑感 / TADRoom Journal / CGI by nicky! /
© Copyright 2003-2010 andoo.jp. All rights reserved.