andoo.jp / 新着情報 andoo.jp Journal
p 若冲が大人気2006年08月26日(土) 
index_img008.jpg 220×220 67K終了直前、ようやく東京国立博物館で開催されているプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展を観た。
マスコミが取り上げたこともあって会期中の入場者数は26日に30万人を突破。我々は早めに出かけたおかげで比較的スムーズに鑑賞出来たが、その混雑ぶりは噂どおり。午後には入場制限も。
偶然、会場で安一郎夫妻と会い、さらに東京国立博物館デザイン室室長の木下史青氏にも会う事が出来た。(木下氏は展示企画に関わるデザイン全般、今回は特に平成館第4室で「光と絵画の表情」を演出、担当しています。)展示を観た後、デザイン室におじゃまして今回の企画のためにカリフォルニアにあるプライス邸を取材した時の写真を見せて頂く事が出来ました。これはラッキー。プライス家はパイプラインの技術を元に財をなした富豪で、当然、その邸宅もスゴイです。
プライスコレクションの魅力はプライス氏独自の感性が大きく反映し、自らの琴線に触れる作品を選んでコレクションされていること。この企画は東京での展示を終えて、来年まで国内を巡回します。詳しくは www.jakuchu.jp/ で。
その後は久しぶりにアメ横へ。モツ焼きで一杯...。
写真は人気の鳥獣花木図屏風(ちょうじゅうかぼくずびょうぶ)部分
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p こちら、タケノコの季節です。2006年04月21日(金) 
060421take.jpg 373×280 133K 我が心の師匠、グラフィックデザイナーの浅田克治氏がキャッツキルの春を報告してくれました。克治氏はマンハッタンとキャッツキルを行き来しながら活躍する最高にカッコイイ趣味人です。近頃はキャッツキルに住みつき、ゆったり流れる時間と雄大な自然を満喫している様子。プライベートビーチならぬプライベートリバーを持つ広大な敷地、こだわりの邸宅はまさに垂涎。氏のブログでは雪解けから植物の芽吹き、4月から解禁になる川釣りの成果などを公開しています。
その環境を知ってるワタシはキャッツキルのリアルな環境を想像出来るので本当にドキドキします。有希さん(奥様)にも会いたいし、また行きたいな〜。
2004年のニューヨーク滞在時にもキャッツキルの日誌を書いています。興味のある方はこちら
そして、克治氏のブログ(kats-artlife.com)はこちらです。
 所変わって、こちらは日本。関東では筍(タケノコ)の季節を迎えています。今年は桜の開花が早かったので、筍の芽吹きも例年より半月ほど早いようです。
藤沢の実家にある小さな竹林にも今週始めから筍が生え始め、既に30本ほど掘ってご近所にお裾分けしました。
今日も30本以上を収穫してその大半を分配し、少しだけ自宅用に持ち帰ります。
旬の筍は食べて美味しいし、収穫もそれなりに楽しいですが、実はそんなに優雅な状況ではありません。
竹林は放っておくとどんどん根を伸ばし、思いもしなかった場所にまで生息範囲を広げてしまいます。
小さい筍のうちに収穫して食べてしまわないとあっという間に立派な竹になってしまい、伐採に手間がかかってしまいます。適度に間引いて風通しを良くし、ちょうど良い風景を保つにはそれなりに手間がかかります。体力も必要です。昨年は少し手を入れたので、今年はよけい生える本数が多いように感じます。

克治夫妻の生活環境に懸ける意気込みには到底かないませんが、出来る範囲で生活環境を整えます。
理想は高く。もちろん筍は美味しくいただきます。春の恵。
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p ROMA2006年04月12日(水) 
060412lamp.jpg 210×280 15K一日、夫婦でローマ市内を散策。
既に2年前ですが、長期滞在した街なので観光は必要ありません。用事を済ませるように行きたい場所にだけ足を運びました。特別なことは何もしません。慣れた店で昼食を食べて、好きだった場所が変わってないか見て歩くだけです。
夜はローマ滞在当時お世話になった方々と会食。本当にリラックスできました。
>画像は妻が骨董屋で見つけたウサギのランプ。(電源を入れると目が赤く光ります。両耳の先にアロマオイルを注して蒸発させることが出来ます。)キモカワイイ戦利品です。
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p Super Studio2006年04月09日(日) 
060408tom.jpg 373×280 31K再びZONA TORTONAへ。
巨大なイモムシが目印の Super Studio をひと通りチェック。
やっぱりMoooi が幅をきかせている印象。
Tom Dixson の企画では高田浩樹氏の Diamond light が取り上げられるなど、日本人デザイナーも活躍しています。うらやましい・・・。
安藤忠雄氏が設計したアルマーニ(ARMANI/TEATRO)の空間も見学。
今をときめくnendoの展示もこのトルトナ地区で行われていました。

まだまだ見るところは沢山ありますが、出展している立場では時間的に限界があります。
>いろんな意味で、もうすこし頑張ってみようと思いました。
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。



p RON ARAD2006年04月08日(土) 
060408ron.jpg 326×280 22K朝、サテリテ会場に向かう前にD&G(ドルチェ&ガッパーナ)で開催されているRON ARADの展示へ。
ブティックをギャラリーとして解放したスペースはさすがに緊張感が漂ってます。
(黒服の大男が物々しいです。)
展示されている作品は以前から製作しているロッキングチェアと形状は変わらないが、今回は素材がスゴイです。
コンクリートから始まり、アクリル、ステンレス、メッシュ、カラーメッキとバラエティーに富み、迫力満点の完成度です。もうここまで来ると本当に別世界。D&Gとのコラボレーションというところもゴージャス感を増長してます。
ウインドウにディスプレイされたスゴイ勢いで回転する椅子のインスタレーションも大迫力。
朝から夢を見るようにフワフワした気持ちになりました。うぅ・・・。
by doo3
Name  URL 


スパム対策 : 本文に"ひらがな"の記入が無い場合、投稿が拒否されます。URL(http://~)の記入は1箇所までです。





▲ カテゴリ >> Art + Design + 建築 + + 自然 + 国際 + + + モノ + 展覧会 + + 舞台 + 映画 + 音楽 + Web + + ペット
+ Alex Moulton + Leica + M8 +自分 + 全て +
造形デザイナー安藤健浩の日々の雑感 / TADRoom Journal / CGI by nicky! /
© Copyright 2003-2010 andoo.jp. All rights reserved.